お知らせ
2017/06/17ペンタブ用 Ubuntu 向けドライバ開発の状況について

現在、弊社取扱のペンタブ類のLinuxドライバの開発は、Ubuntu標準リポジトリから
次の機種については、提供されるようになっております。

M-1000L、M-708、UG-1900、UG2150、UG2200
また、
UG-G3
については、まだ、Ubuntu標準リポジトリから提供されておりませんが、
Digimendのチームから提供されております。


6月19日から、次のドライバ開発に入ります。
M-504、EX-07、UG-G5
これらが、完成しましたら、Digimendのチームから配布致します。

M-504
以前から、モバイルユーザから要望が多かったので、急ごうと思います。
携帯可能な小型のM-504がUbuntu上で使用できるようになりますと、
ノートパソコンを持ち歩いている方もカフェなどコーヒーを飲みながら、
クリップアートの創作や、外出中に思いついたときに、
ラフ画などの作成や細かい修正作業ができると思います。


EX-07
EX-07については、コンパクトタイプですので、キーボードと机上において、
M-708よりも干渉しにくくなると思われます。
この機種につきましては、ワイアレス化も予定されています。


UG-G5
データの共有などの機能もあるので、公民館・会社・学校と自宅で、
同じファイルで作業できるようになります。
通勤・通学電車でパソコンを持ち歩くのは、つらい。
という要望に応えられると思います。

ファンクションキーが豊富に設定できるので、極力、キーボードレスで
作業ができるようになると思います。
これで、腱鞘炎になる心配も少し減ると思います。

 

アクセス : 368

お知らせ一覧

ページトップへ