AkiとRumiの制作室

Aki と Rumiの制作室

AkiとRumiの制作室の担当をすることになりました。
創作ソフト搭載OSを利用して、初めてのチャレンジなどしていきたいと思います。
絵を描くのが好きなだけで、パソコンとかは、全くダメダメですが頑張っていきたいと思います。
よろしければ、教えていただければありがたいです。

二人の簡単なプロフィール

Akiのプロフィール
Chiaki 最近創作ソフト搭載OSと液タブを揃えました。
普段は、普通の会社勤めをしています。
好きな、キャラは、ぷよぷよです。
自称ぷよぷよオタク。
お絵かきも大好きでツイッタの画像は、ほとんどぷよの
らくがき置き場みたいになっております。
アニメはちろちろ見てます。
漫画も好きです(主に少女漫画)

Rumiのプロフィール
Rumi
初めてのパソコンから創作ソフト搭載OSを利用しています。
Windowsは、学校で少し習うくらいしか知りません。
普段は、普通の学生やってます。
現在は新撰組刀(主に沖田組)中心に刀剣乱舞が好きです。
リラックマ大好きな人なので、リラックマのツ イー トも多いです。
好きなことを好きなだけ語っているスタイルなので、色々ごちゃごちゃしています。たまに、夢/鬱発言します。


第 一回目:ただでも売れないパソコンで中学校の広報誌作成にチャレンジ

第一回目なので、かっこ良く始めたかったのですが、なんと、あ る中学校の広報誌作成にチャレンジ
することになりました。

この話題を持ってきたのは、もちろん主様。
あき:主様は、PTAのママさんと広報誌をやる機会が多いみたいね。
るみ:どうせ、ママさんたちの、差し入れの餌に釣られただけだよ。
あき:主様モテるんじゃないの?
るみ:そんなこと絶対無い。効果のない育毛剤で、気休めしているみたい。
あき:へーー。まだ、結構残っていると思うよ。うちの父親は、ほとんどないのに、散髪行っているよ。

<主(あるじ)様からの指令>
今回は、前の自作派中学校とは、違い、印刷屋が最後に全部仕上げるから初めてに丁度良いと思う。
写真は、集まっているので、ママさんたちとの打ち合わせを数回。
製版ソフトを使って、微調整前の入稿資料の作成と写真類の提出までやってください。

主 様:機材は、これを使ってください。
あき:なんですか?このパソコンは?
使えるんですか?
主様:あきとるみに使ってもらったら、このパソコン喜んで若返るかも知れないよ。
るみ:主様みたいに、ママさんに、カレーパンやらで買収されるわけないよ。


本編を見る


第 二回目 絵本作成にチャレンジしてみました。

前回は、Scribusというアプリを使って、広報誌を作成して みました。
部誌やポスターなども簡単に作れることがわかりました。

いままで、イラスト描いて終わっていたのですが、雑誌が作れるということを知ったので、
絵本を描いてみることにしました。

新見南吉の「デンデンムシノカナシミ」なので、作者は多分縦書きが良いのではないかな?
と思ったのが苦労の始まりでした。

前回使ったScribusというレイアウトソフトは、縦書きに対応していませんでした。
もっと日本のユーザーが増えれば縦書き対応になると思います。
是非、多くの日本の縦書きユーザーに使って欲しいと思います。

Officeも初めて使ったのですが、結構使いやすかったです。
Officeだけでやろうかと思ったのですが、絵を入れると重くて良く動きませんでした。
やはり、その点、Scribusは、大変便利でした。

せっかく描いた作品が整理がつかなくなって、捨てちゃったりしているので、
この際、デジタルで残せるようになるのが良いなと思いました。
16ページの絵本で、100部で17,000円、1000部で28,000円ぐらいでできるらしく、
文化祭の時に、予算があれば、配布できるかな?と思いました。

高度なやり方もあるらしいですが、今回も基本機能だけでチャレンジしました。
もっと便利なやり方がご存じの方いらっしゃれば是非、教えていただきたいです。


本編を見る


第 二回目(付録) 懲りずに、電子ブック作成にチャレンジしてみました。

第二回目で、縦書き絵本で、大変な状態になったにも関わらず、電子 ブックを作ってみました。

印刷しなくても、電子ブックだったら無料でできるという、せこい根性丸見えですが、
やってみたら、意外に簡単そうで難しかったので紹介します。

ここでも縦書き問題にいくつかぶつかりました。
Linux用の電子ブックリーダが縦書きに対応していなかったとか
ちょっとしたプログラミングみたいなのが必要でした。

英検受験も自信ないので、逃げまくっている自分ですが、すべて、
「呪文なんだ」とおもうと、結構、楽しく出来ました。

denden02


本編を見る





ページトップへ