広報委員会様

PTA広報委員会様

○PTA広報委員会は、毎年広報委員が交代し、、年2回から3回広報誌を
発行しております。

○業者に任せると、楽で質も高いが、費用がかかり、発行回数も少なくなる。
委員のイメージとできあがりのイメージと合わなかったり、
写真が期限に間に合わない。などといった、悩みもありました。
加えて、予算も潤沢ではなく、少ない予算の中で、やらなくてはならない。

○委員で作成すると、安価になり、イメージどおりになるけども、
パソコンが得意な人が委員にいることもあるし、いないこともあるし、
エクセル、パワーポイント、切り貼りで作成することになる。
最後は、一人が作成することにもなるということでした。

○リユースPCとオープンソースのソフトで作ることにより、
電子入稿して、安価に作成できるし、イメージどおりに作れるし、
期限ぎりぎりまで作業ができ、ひな形にすれば、パソコンが
苦手な人でも作業ができるようになる。

今回は、液タブなので、GIMPで先生の写真にひげを描いたり、
落書きクリップアートを描いたりできました。
パソコンと絵は、苦手でも、落書きは、みんな得意なようでした。

○組み合わせとしては、
リユースデスクトップパソコン+液タブ+KlueLinux+入稿アプリ追加

本体HPDC5700(全体編集用)

発売時のプレスリリースにつぎのようなコメントがありました。
「コストパフォーマンスに優れたビジネスデスクトップPC。
長期運用を見据え、インテル Q963 Expressチップセット、
インテル Core2 Duoプロセッサーなどの次世代標準のテクノロジを採用。
SOHOから大企業まで、幅広い用途に対応するエントリー、
ミッドレンジクラスのデスクトップPCとして拡販を目指します。」

法人向けモデルだけあって、メンテナンス性に優れている本体になります。
今回は、液タブ用にDVI出力のカードを追加しました。
古いモデルですが、入稿原稿作成程度であれば、ストレスなく
使えています。



○モデル区分:インテル Core™2 Duoプロセッサー
E6300(1.86GHz)搭載モデル
○販売開始日:2006/10/5
○最小構成価格:105,000円〜

今 回の構成は、
メモリ:DDR2 2.0 Gバイト
HDD:80Gバイト
Video:MSI-4167(ADD2-DVI)
付属品:ACケーブル、
ワイアレスキーボードマウス。
ワイアレスコントローラ

本体NEC VY16A(分担担当者の編集用)

  Core2プロセッサを搭載した
ビジネス向けPCとして、
発売されました。
発売日:2006年10月10日
販売価格:¥162,000
(最小構成時、税別)
CPU:Core(TM) 2 Duo T5500
メモリ:DDR2 2GB
HDD:80GB


古い機種でしたが、Scribus、GIMP、Shotwell、XN-View,InkScapeなどを
使用して編集・描画するには、ストレスのない性能でした。
ShotwellとGIMPで写真整理、加工をしながら、Scribusで入稿原稿を
作成していきました。

液タブUG-2200(UG-2150初期型)

UG-2150初期型は、ペンが細く、軽く、ボールペンみたいに使えます。
EMRのチップは、後期型と異なるのですが、、Linuxでの相性はよかった。

5080LPI解像度と250cd/屬旅盖嬰
○16msのIPS液晶パネルを搭載
○2048レベルの筆圧検知
○柔軟に作動角を設定する節可能なスタンド

○入力:VGA、DVI入力、HDMI
画面上で直接、直感的に作業できる。


使用したOS及びソフトウエアについて

○UbuntuStudioよりも簡単そうなのでということで、
KlueLinuxXFCE2.0をベースになりました。
KlueLinuxの開発者様
Moebuntuの開発者様様
の協力を得ました。
 
 ○入稿原稿作成アプリとして、Scribusを追加しました。
○異なるカメラからの異なる画質・画角の写真を管理したり、
画質・画角調整やトリミングなどの簡単な加工をするために、Shotwellなどを
追加しました。
○写真にエフェクトを加えたり、文字を入れたり、落書きを追加したり
するてまに、Gimpなどを追加しました。
○字体のを変化させるために、フリーフォントを追加しました。
○文字の加工や、組織図を作ったりするために、Inkscape等も追加しました。
入稿原稿作成ソフトを追加しました。
○パソコン未経験者の便を図り、ランチャーパネルとドックを追加しました。
○液タブを使うので、輝度調整及びキャリブレを追加しました。
○リカバリー用のUSBを作成しました。

KlueLinux2.0 XFCE (ベースOS)

メール○KonaLinuxUE XFCE 2.0は、初めて、パソコンを
使うような人にも取り組みやすくできております。
○情報の豊富なUbuntuがベースで作成されていて、
パソコンが初めての人にも優しくできていました。
○リユースPCでも無理のない軽量性と初心者の操作性の
 バランス良いXFCEデスクトップを使いました。

パネルランチャー登録アプリケーション

使用用途に応じて、ランチャーに基本的なソフトを登録しました。
必要に応じて入れ替えています。

 
   
   

(1番目のランチャー)
一般及び設定関連アプリ

(Firefoxウエブブラウザ)
ウエブブラウジングに使用します。
(GoogleChrome)
ウエブブラウジングに使用します。
(ファイルマネージャ)
フォルダーごとに分けてファイルを管理します。
(アプリケーションファインダ)
使用するアプリケーションを見つけて実行します。
(LeafPad)
テキストベースの文章を編集したり、スクリプトを編集したりします。
(XfceTerminal)
ソフトウエアのインストールなどコマンドベースで実行するのに使います。
(設定マネージャー)
外観やキーボードの設定などシステム関連の設定をするときに使います。
(バルクリネーム)
写真やファイルなどまとめて連番にしたり、文字指定したりしてファイル名を整理するときに使います。
(Caefishファイル検索)
ファイルがどこに行ったかわからなくなったりするときに使います。
(BrightnessController)
液晶タブレットなどを使うときに画面の明るさを変えます。ふたつのモニタを別々に変えられます。
(CalibrateTouchScreen(Root))
液晶タブレットのタッチペン、画面、ポインタの位置関係を調整して設定を変えます。
(CalibrateTouchScreen)
液晶タブレットのタッチペン、画面、ポインタの位置関係の数値情報を調べます。

(2番目のランチャー)
ペイント作業関連アプリ

(AzPainter)
ペイント描画をするときに使用します。軽快に動作します。
(Gimp)
写真の加工、ペイント描画、ワードアート、画像の変換、アニメ化などするときに使用します。
(SynfigStudio)
2Dのアニメを作成したりするときに使用します。軽快に動作します。
(Krita)
ペイント描画、アニメ製作などに使用します。
(MyPaint)
簡単なペイント描画を作成するときに使用します。
(Pencil2D)
2Dの簡単なアニメーションを作成するときに使用します。軽快に動作します。
(Tupi)
2Dの簡単なアニメーションを作成するときに使用します。軽快に動作します。
(SimpleScan)
複合機やスキャナから、線画の下絵を取り込むときなどアナログデータを利用するときに使用します。

(3番目のランチャー)
ドロー作業関連アプリ

(Blender)
3Dモデリングや3Dのアニメーション、レンダリングなどをするときに使用します。。
(Inkscape)
拡大文字や、バナー、スケーラブルデータを使用するときに使用します。軽快に動作します。
(LibreDraw)
図を描いたり、基本図形を利用した作図をするときに使用します。軽快に動作します。
(DrawPile)
ネットワークを利用して、共同で作画したりするときに使用します。軽快に動作します。
(Dia)
組織図、ネットワーク図、関連図などのダイアグラムを作成するときに使用します。軽快に動作します。
(FreeMind)
マインドマップを作成して、相互関連を整理したりするとき使用します。軽快に動作します。

(4番目のランチャー)
冊子や絵本作成関連アプリ

(Scribus)
広報誌、パンフレット、絵本、同人誌などの形にする編集ソフトです。
(Shotwell)
デジ絵、写真などのサイズを整理したり、トリミングしたり、画質を一定にしたりします。
(Xnview)
デジ絵、写真などのリネーム、画質の変更、
(Pdf-Shufler)
PDFファイルのページを並べ替えたり、削除したりするのに使用します。
(ConverSeen)
画像のフォーマットを一括に変換したりするときに使用します。
(Ristretto)
画像ファイルを閲覧するときに使用します。

(5番目のランチャー)
簡単なアニメ作成関連アプリ

(Pencil2D)
簡単なアニメーションを作成するときに使用します。軽快に動作します。
(Tupi:2D)

簡単なアニメーションを作成するときに使用します。軽快に動作します。
(SimpleScreenRecorder)
メーキングを作成したりするときに使用します。長くなると重たくなります。


(6番目のランチャー)
動画編集関連アプリ


(KdenLive)
アニメをつないだり、他の動画と一緒に編集したりする時に使用します。
(OpenShot)
アニメをつないだり、他の動画と一緒に編集したりする時に使用します。
(SimpleScan)
スキャナから読み込んだデータを使用するときに使用します。
(RecordMyDeskTop)
メーキング画像や操作手順などを作成するときに使用します。
(SimpleScreenRecorder)
メーキング画像や操作手順などを作成するときに使用します。
(Shutter)
セッションやスクリーンなどのスナップショットを作成するときに使用します。
(Kazam)

アニメをつないだり、他の動画と一緒に編集したりする時に使用します。



アプリケーション一覧

登録されている、アプリケーションのスナップショットになります。

使い始めてから、何回かソフトの変更を行い、今の状態になりました。
パソコン挫折ママさん、パソコン他人任せママさん、元ヤンキーママさんも、写真に落書きしたりして、
楽しく広報誌を作るようになりました。

当初、液タブをみんなで見ながらと思っていましたが、みんなで、落書きしながらの利用は、
想定外・予想外で驚いております。

使用しているソフトは、今のところ、Scribus、GIMP、,Shotwel、Inkscapeです。

ママさんたちにとっては、WindowsもLinuxもMacも関係ないのだなと
つくづく思いました。

液タブの周りにみんなで集まり、ラフを作成し、落書きして、
最後は、ちょっと得意な人が仕上げをするそうです。

ママさんパワー恐るべしと感じました。

PTA広報委員会の台所事情としては、

写真の枚数✖単価+クリップアートの個数✖単価+レイアウト変更料+基本料金
だったのが
写真無制限、クリップアート無制限、写真加工(落書き)し放題、文字入れ邦題、
レイアウト変更し放題、背景写真入れ放題、文書入れ放題、ワードアート入れ放題、
フォント換え放題になりながらも印刷代のみになったそうです。
あまった、予算で打ち合わせ費用として、茶菓子代も使えるようになりました。

入稿期限も、配布日の1週間前となり、発行日ぎりぎりまでの行事の写真が
出せるようになったそうです。

ページトップへ