トップ > オフィスの固定電話をタブレットに

オフィスの固定電話をタブレットに

ここ数年、企業のオフィスで使う固定電話を、タブレットに置き換えるケースが増えています。こちらでは、固定電話をタブレットに置き換えるメリットについてお伝えします。

機能の進化

タブレット端末の機能は、パソコンやウルトラブックに匹敵するほど進化を遂げています。バッテリー寿命、高性能カメラ、LTE、動画再生機能など、高い機能を備えたモバイルデバイスは、既に当たり前のものになっています。タブレットの機能に加えて、録音・転送を含めた電話機能、ネットブックの機能を1つに集約した端末も登場しています。Bluetoothのヘッドセットと組み合わせれば、ポータブルなコミュニケーションツールとして、十分に活用することができます。

セキュリティツールの向上

モバイルデバイスで情報をやり取りすることには、セキュリティ上の懸念があるのも事実です。現在のタブレットには、遠隔操作でロックできる機能や、遠隔で情報を消去できるリモートワイプ機能があります。個人事業や中小企業でも入手しやすい、格安のセキュリティオプションも存在します。今後はモバイルデバイスの管理ツールがさらに充実し、自社で所有するタブレットの場所を特定するなど、簡単なやり方で重要なデータを消去することも可能になるでしょう。

どこでも持ち運べる

タブレット端末を固定電話化すれば、自宅や職場、取引先やホテルなど、どの場所にも社内の電話システムを持ち運ぶことが可能になります。従業員が社外に出る際、持ち運ぶべき荷物を減らすこともできるでしょう。固定電話の安定性と、タブレットの持つ強力なコミュニケーション機能を活用することによって、従来の電話しか持たない競合他社に、大きく差をつけることも期待できます。

タブレット
NEOBLASTでは高性能な端末を販売しております。タブレットならではの圧倒的な便利さを、ぜひ一度お試し下さい。

ページトップへ