トップ > 監視カメラの種類

監視カメラの種類

事件や事故が多発している現代では、会社用だけでなく家庭用の監視カメラが注目を集めています。監視カメラにはたくさんの種類がありますので、購入をご検討されている方は目的に合わせて選ばれることをおすすめします。こちらでは、監視カメラの種類をご紹介いたします。

デイナイトカメラ

カメラで録画した映像を見てみると、日中は綺麗に録画できていても、日が沈むと真っ暗になって映像をはっきりと映せないものもあります。デイナイトカメラは、昼夜問わず鮮明な映像を録画することができるカメラです。日中だけの映像が必要という方は、基本的なカメラで問題ないと思いますが、時間帯を問わず監視カメラで映像を録画したいという方は、デイナイトカメラを選ばれると良いでしょう。

ドアカメラ

玄関先まで訪れる方が気になるという方はたくさんいらっしゃるでしょう。インターホンを鳴らされると、インターホン専用のカメラで玄関先に訪れている方を確認することができますが、外出中に玄関先に訪れている方が気になるという方には、ドラカメラがおすすめです。ドアカメラは、ドアの上部分に取りつけることができるカメラです。カメラのみを外側に出し、本体となる部分は、ドアの内側に取りつけることができる優れものです。

センサーカメラ

防犯用で監視カメラを設置される方、徹底的に監視カメラを活用したいと考えられている方は、センサーがついているカメラがおすすめです。センサーカメラは監視する区域を指定するという特徴があります。指定した区域にものが侵入するとアラームが起動します。センサーカメラは駐車場やお庭に設置することで、車上荒らしや盗難対策に活用することができるのです。

NEOBLASTでは、簡単に活用できる監視カメラを取り扱っています。自動録画はもちろん、パソコン接続ができる監視カメラです。パソコン録画機能を搭載している監視カメラをお探しの方は、NEOBLASTをご利用下さい。

ページトップへ