トップ > グラフィックデザイナーになるためには

グラフィックデザイナーになるためには

グラフィックデザイナーは資格を取得する必要がないため、デザイナーの仕事に興味のある方にはぜひとも挑戦していただきたい職業の一つです。そんなグラフィックデザイナーはPCが普及したことで注目を集めています。NEOBLASTでは、そんなグラフィックデザイナーを目指されている方のお手伝いをさせていただきます。

必要なスキル

グラフィックデザイナーそのものに必要になる資格はありませんが、作品を制作する仕事なので色彩やDTPエキスパート、レタリングなどの検定を受けられることをおすすめします。資格を取得していることよりもスキルが求められる世界なのでグラフィックデザイナーを目指されている方は、スキルを磨くことをおすすめします。技術力を高めることも大切ですが、発想力や表現力を磨くことも作品の仕上がりに繋がる重要なポイントになるのです。グラフィックデザイナーは、アートディレクターやCGデザイナー、エディトリアルデザイナーと呼ばれる職業とも関わることがあるので、スキルを磨いておけば様々な場面で活動することができる職業でもあるのです。

必要な道具

グラフィックデザイナーの仕事を始めるためには一般的にPCをはじめ、ソフト、プリント用紙が必要になります。ペンタブと呼ばれるペンタブレットもご準備されると良いでしょう。ペンタブに描いたものはPCの画面上に表示されるので、イラストや絵画を取り入れる時にはとても便利なアイテムとなります。表示する位置を指定することができるという特徴も備わっているので、細かい作業を行う時は、マウスを使用するよりも簡単に使いこなすことができる優れものと言えるでしょう。

これからグラフィックデザイナーを目指されている方は、揃える道具にかける費用もできるだけ抑えたいと考えられていらっしゃるでしょう。NEOBLASTでは、通販にて初心者の方にもぴったりな商品や中古PCを取り扱っております。スペックや価格が気になるという方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ