トップ > グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーの仕事

進路を考える時期にさしかかり、絵やデザインに携わる仕事をしたいと悩んでいる学生も多いのではないでしょうか?基本的に絵やデザインに携わる仕事に就職する場合、デザイン系の専門学校や美術学校へ進学して基礎知識を学びます。
こちらでは、グラフィックデザイナーの主な仕事についてご紹介いたします。グラフィックデザイナーになりたい方のお手伝いができれば幸いです。

グラフィックデザイナー

ポスター・新聞広告や雑誌広告・商品パッケージやロゴマークなど幅広いジャンル緒デザインを手掛ける、情報デザインのプロフェッショナルな人達をグラフィックデザイナーと言います。店舗やチラシ・看板などで思わず見入ってしまうデザインを目にしたことがあると思います。そのような情報デザインをグラフィックデザイナーが製作しています。

グラフィックデザイナーの仕事

企業やお店が発信したい情報を、私たちの目に見える形で情報を提供するのがグラフィックデザイナーの仕事です。グラフィックデザイナーは、個人の個性・発想力・センスを発揮して様々な分野に貢献できる職業のひとつといっても過言ではありません。

お客様の要望を目に見える情報に作り上げる過程は、コミュニケーション能力や幅広い知識も必要とされますが、その困難を乗り越えて作品を製作することが、最大の醍醐味でもあるのではないでしょうか。
グラフィックデザイナーには、グラフィックデザイン事務所・広告代理店・インハウスデザイナーなど活躍できる職場がたくさんあります。

NEOBLASTでは、映像・絵画・設計などグラフィックデザイナー向けの中古・新品PCを販売しております。イラスト関連のお仕事をされている方や、アニメ製作、3Dグラフィックを手掛けている方向けに、ペンタブ・PCなどグラフィックアーティスト用の専門端末を通販にて提供しております。

専門職の方だけでなく、初心者入門向けの機材も多数ご用意しております。PCのスペックや価格についてなどお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ