InkScapeとGIMPの違い

猫のイラスト

デジタルアート作品を制作する際、よく使用されるフリーソフトにGIMP(ギンプ)とInkScape(インクスケープ)があります。皆さんは、この二つの違いをご存じでしょうか。

こちらではGIMPとInkScapeの違いについてご説明します。

■ GIMPとは

GIMPはペイント系のフリーソフトで、Photoshopのような機能が搭載されています。ドットと呼ばれる小さな点が集まって構成されるラスタ(ビットマップ)画像を扱います。ビットマップ画像は拡大すると小さな点が目立ち輪郭がぼやけます。また、画像サイズに比例して容量も大きくなります。しかし、様々な色の点を並べて一つの絵を表現しているので、多彩な表現が可能です。主に手書き風のイラストを描いたり、写真や画像を加工したりするときに使用します。

■ InkScapeとは

ドロー系のフリーソフトで、Illustratorのような機能が搭載されています。ベジェ曲線を用いて、線と面を描くベクター画像を扱います。アンカーと呼ばれる点の座標と、それを結ぶ点などの数値データで画像を記録します。アンカー位置を記録して描画を行なっており、絵を拡大しても数値データが再計算されて表示される為、輪郭がぼやけることなく綺麗に表示されるのが特徴です。幾何学的な模様や図形の描画を得意とし、ロゴデザインやアイコンの作成、レイアウトなどに向いています。

GIMPとInkScapのそれぞれの違いを理解し、用途に合わせて使い分けることでデジタルアートの表現の幅が広がります。

弊社ではデジタルアート関連の商品を中心に販売しております。OSはUbuntu-Studioを使用し、パソコンは入門レベルに適したスペックとなっています。入力デバイスは、信頼性が高くこれからデジタルアートを始めたい方でもお求めになりやすい価格のものを使用しています。これからデジタルアートを始めようと考えている方は、ぜひ弊社をご利用下さい。

ページトップへ