よく使われている画像形式について

家のイラスト

デジタルアートデジタルイラストを始める際、知っておくべき基礎知識の一つに画像形式があります。

画像形式には「JPEG」「PNG」「GIF」などの種類があり、それぞれ特性が異なります。画像形式の特性を知り、目的に適した保存をしましょう。

■ JPEG(JPGと表示されることもあります)

インターネット上で、多く使われている画像形式です。データを圧縮してファイルのサイズを小さくできますが、保存を繰り返すと画質が落ちることがあります。1670万色まで色を扱えるので、使用されている色が多い写真やイラストの保存に最適です。透明色は保存できません。

■ PNG

インターネットで使用することを目的に開発された画像形式です。可逆圧縮という圧縮方法が使われています。データを圧縮しても圧縮前の画像情報が保持されるので基本的に画質は落ちません。PNGには、「PNG-8」と「PNG-24/32」があります。両者とも透過機能がありますが、扱える色の数が違います。「PNG-8」は256色、「PNG-24/32」はJPEGと同様の1670万色です。「PNG-24/32」のほうが扱える色数が多いですが、保存した際のファイル容量が大きくなりすぎるので使い分けが必要です。

■ GIF

8bit(256色)に対応しており、可逆圧縮でデータを圧縮して保存をするので基本的に画質は落ちません。しかし、使用している色の数が多いと保存した際に画質が落ちることがあります。透過機能があり、色数の少ないアイコンやイラストの保存などに適しています。また、複数の画像を組み合わせてアニメーションの作成も可能です。

デジタルアートやデジタル漫画、CGなどクリエーター活動を始める為に、必要な道具をお探しなら、ぜひ弊社をご利用下さい。弊社では入門してからある程度熟練してもご利用いただけるアートPCやペンタブレットなどデジタルアート関連の商品を取り揃えています。

ページトップへ