板タブと液タブの比較

デジタルアートを始めるとき、必要な道具の一つがタブレットです。タブレットには板タブと液タブの2種類があり、それぞれ違いがあります。デジタルアート初心者の方のなかには、板タブと液タブのどちらを選べばよいのかお困りの方もいることでしょう。こちらでは、板タブと液タブの違いをご説明します。

■ 板タブとは

板タブ

ペンタブレットとも呼ばれており、タブレットに描いたものがパソコンに反映されるタイプです。モニター画面を見ながら絵を描くので、最初は手元とのズレに慣れるまで時間がかかりますが、練習すれば感覚がつかめてきます。板タブの特徴として、色塗りがしやすい点が挙げられます。アニメ絵のようなイラストなら、選択範囲を選んで塗りつぶしをする作業が楽です。

また、モニター画面を見ながら絵を描くので手が邪魔になりません。液タブよりも価格が安いので、デジタルアート初心者の方におすすめです。

■ 液タブとは

液タブ

液晶タブレットの略称です。液晶モニターとタブレットの機能を有しており、液晶モニターに直接絵を描いていきます。
モニターに直接描いていくので、紙に絵を描く感覚に近いです。思ったところに線を引けるのでズレがなく、「作業効率がアップする」「緻密で繊細な絵を描きやすい」などのメリットがあります。

また、設定をすれば板タブのような色塗りもできるので、汎用性の高さが魅力です。板タブよりお値段は高めですが、紙に近い感覚で絵を描きたい方は液タブを選ぶ方が多いです。

弊社ではお求めになりやすい価格で、ペンタブレットを販売しています。初心者の方でも始めやすいように、PCとペンタブレットのセットも販売しております。PCは初心者やある程度熟練している方も快適にご利用いただけるものをご用意しています。デジタルアートに必要なソフトがプリインストールされていますので、初心者の方でもすぐにデジタルアートを始められます。デジタルアートを始めたい方は、ぜひ弊社をご利用下さい。

ページトップへ