PenTabMappingMod

KlueMoeCreator におけるマルチモニタの設定

最近は、 Artist10,Artist13,Artist15.6などの新しい形の液タブが利用されるようになりました。
従来は、板タブ、液タブなどの区分でしたが、板タブ、モニタ液タブ、ボード液タブとわけたほうが
良いのかも知れません。

今までは、マルチモニタなどやったことがない人が、マルチモニタ環境で、制作をすることになります。
KlueMoeCreatorにおいても、マルチモニタ、マルチタブレットに対応したツールを搭載しました。

マルチタブレットは、初心者には、設定が結構厄介なものです。
KlueMoeCreatorは、初心者に主眼をおいたものなので、このような環境でも、
ある程度は、楽に操作できるようにペンタブマッピングツールを用意しました。

ペンタブマッピングとは、キャンバスのおいてあるモニタに対して、ペンタブの出力を
そのモニタに対して、切り替えて使うことになります。

例えば、
ペンタブAに対して、モニタAとモニタBがあったとします。
キャンバスが、モニタAとモニタBに配置されているとき。
ペンタブのペン入力ー>モニタA
で使用する場合と
ペンタブのペン入力ー>モニタBに入力する時があります。

これを切り替える必要があります。
これをペンのモニタマッピングとここでは、表現したいと思います。

以下、KlueMoeCreatorに搭載された、マッピングツールの使い方を説明します。

モニタレイアウトの設定

(1) サンプルの環境
     モニタ液タブ(UG-2150):DVI接続
     ボード液タブ(Artist10S):VGA-HDMI変換接続
     板タブ(G−450)

(2)ArandRの起動
 モニタ調整ランチャーからArandRを起動します。

ArandR01

(3)ArandR を使用してモニタレイアウトを決めます。
描画スタイルにあわせてレイアウトを決めます。
決めたら左上のチェックマークをクリックします。   

UG-2150とArtist10Sミラーモード
上にUG2150、下にArtist10S
Arandr02 Arandr03
左にArtist10S 右にUG-2150
上にArtist10S 下にUG2150
Arandr04 Arandr05




描画モニタへタブレットペンのマッピング

(1) サンプルの環境
     モニタ液タブ(UG-2150):DVI接続
     ボード液タブ(Artist10S):VGA-HDMI変換接続

(2) モニタ調整ランチャーからPenMappingを起動します。

ArandR01


(3) モニタマッピングをするペンのデバイスとMapping先のペンタブを設定します。
シ ステムで認識されているデバイス名で表現されています。

PenMap04


PenList には、ペンタブ、液タブのデバイス名が示されています。
MonitorList には、液タブ、モニタのモニタ名が示されています。
MorganTablet は、UG-2150のペンになります。
UC-Logic SP-1001 Pen は、Artist10Sのペンになります。
UGTABLET G3 4x3 pen は、G450のペンになります。

このペ ンとモニタの組み合わせを選んで「この組み合わせで実行」
を押す と、ペンと対象のモニタが動作します。

(4)制作中に切り替える組み合わせを登録しておきます。
例えば、G450を液タブにマッピングしたり、Artist10sにマッピングをして、
切り替えながら作業をする時があります。
その組み合わせを登録しておきます。

PenMap04

ここでは、UG-2150のペンタブで
Artist10Sのキャンバスに描画するので、
VGA1を選びます。

そうすると、Artist10Sで、UG-2150のキャンバスに描画出来るようになっています。
同様に繰り返して、G450のペンで、Artist10sのキャンバスに描画するように設定します。

このよ うにして、
Artist10S のペンタブでUG-2150に描画
G450のペンタブで、Artist10Sを描画している写真が次のようになります。

PenMap03

ページトップへ